【本の感想】いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~


献本いただいたので感想を書いてみます。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~ いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~
谷藤賢一 河原健人

リックテレコム 2011-12-09
売り上げランキング : 71799

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容紹介

プログラミング言語PHPのいちばんやさしい入門書。初心者がつまずいたり迷ったりするポイントをとことん解消。面倒なパソコン設定もデータベース構築も楽々クリア。実際の研修講座で実証済みの方法論とカリュキュラムにより、無理なく楽しくPHPのエッセンスを習得できる。

出版社からのコメント

「一見易しそうに見えるのに、実際やってみると歯が立たない」という入門書が多いのがプログラミングの世界です。「Excelのマクロ程度しか知らない初心者に…」なんて入門書もあるようですが、本書は全然違います。「パソコンは一応使えるけど…」という人が対象です。難しい技術を、単に易しい言葉で説明した本ではありません。過去1000人近い受講者の中で挫折者ゼロという革新的方法論に基づく、これが本当の入門書です。

いままであった入門書より前に読みたい入門書

PHPの入門と書いてある本はこの世に多く出版されています。

ボクは入門書を何冊も持っていて読んだことがありますが、多くはむずかしいことが書いてある本ばかりだと思います。プログラミングは奥が深いため、丁寧に説明しようとするとつい説明が多くなってしまうのではないでしょうか。

この本ではXAMPPをつかったサーバーのインストールから、HTMLの書き方、データーベースMySQLへの接続まで、必要最低限のことしか書かれていません。余計なことが書いてなく、入門書としてはいままでにあまりなかったタイプと感じました。

いままでにあった入門書というのは、入門と書いてあっても中身はプログラムがわかっている人向けの内容だった気がします。

そして、この本はまったくのプログラミング初心者がPHP入門書より前に読む入門本と言えるのではないかとおもいます。

初心者がつまづきそうなポイントが書いてある

プログラミングを覚えるには、プログラミング独特の考え方やルールを学ぶことになります。それは、毎回原因がわからないできごとへの出会いの連続になる気がします。それって初心者にはとてもたいへんなことだとおもっています。

この本Chapeter1は「なるほど!心の準備編」とあり、心の準備に一章さかれています。どういう心構えで学んでいけばいいかという助けになるのではないかとおもいました。

また、コラムがいくつもあり、例えば、スペルが全角になっていると間違いですよとか、スペルミスがあると動きませんとか、よく発生しそうなエラーの具体例がたくさん書かれています。

とてもていねいな本

とてもていねいな本だとおもいました。PHPの解説についてではなくて、これからPHPを書いてみようというまったく初心者の読者に対してていねいだとおもったのです。PHP入門のきっかけとする本には良いのではないかとおもいました。

蛇足かもしれませんが、もっと本格的にPHPを勉強するなら以下のURLで紹介されている書籍などが参考になるとおもいます。

WebデザイナーやノンプログラマーにおすすめしたいPHPの勉強法
http://www.designmap.info/tobewebdesigner/diary/webphp/

でわでわ

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~ いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~
谷藤賢一 河原健人

リックテレコム 2011-12-09
売り上げランキング : 71799

Amazonで詳しく見る by G-Tools


“【本の感想】いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です