NSLogよりも便利なXcodeでObjective-Cをデバックするときのやり方


breakpointを貼る

breakpointで止まるのでコンソールにp 変数と打つと変数に含まれているものを見ることができる。
変数iなら

p i

とか打つと中身を見ることができる

オブジェクトの中身も見られる

po aView

リテインカウントを見たい場合

po (int)[hogeArray retainCount];

簡単に見られる

viewに乗っかっているものを見たい場合

po [self.view subviews]

こんな感じで例えばUIImageViewなど乗っけているもの全て見られる。重複し手いる場合などがわかりやすい。

aViewの上にaddSubviewしている最初のオブジェクトを見たい場合の指定

po aView.layer.sublayers[0]

NSLogよりもこっちのほうが便利。

NSLogと組み合わせるともっと便利。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です