アプリ開発をしたら体がボロボロになったけどベホマで治った


ボクの体はぼろぼろだった

10月から岐阜にある会社の工場に来てObjective-Cの勉強をはじめてから2ヶ月半がすぎました。
ここ1ヶ月半くらい作っていたアプリもなんとか一本リリースされました。

しかし体はボロボロ

開発中は毎日4時間も寝てないしプログラミング以外にもやることあるしやばかったですね。

熱がでて頭が痛いし、肩はこるし、口内炎で口が痛くて御飯がまともに食べられないししゃべれません。

そんな体調はボロボロな中で3人チームのアプリを今週開発しました。それは来年はじめにはリリースできるとおもいます。

この連休になんとか寝て体調を戻さなきゃということで、朝からちかくの健康センターみたいなものにいきました。

場所はコチラ

なんということでしょう

健美効炉というサウナがあってそこで寝ていたら、喉の痰の感触がなくなってきてしばらくしたら痛みがなくなりました。
昼食を食べているときはまだ熱があって肩もこっていましたが、寝ていたら熱っぽさもなくなり、肩と喉の腫れが引いたので口の中の痛みもなくなりました。

夜にはちゃんと御飯も美味しく食べられるようになりました。

すごい!!ほとんど完治!医者に行ってもたぶんこうは治らないはず。


“アプリ開発をしたら体がボロボロになったけどベホマで治った” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です