岐阜スマートフォンウィークのハッカソンでアプリ作りました


岐阜スマートフォンウィークのアイデアソンとハッカソンに参加しました(☝ ՞ਊ ՞)☝

初日はアイデアソン

[tweet]
アイデアソンでは石井力重さんという講師の方がアイデア作りの方法について講義+ワークをしてくださいました。
http://ishiirikie.jpn.org/article/62330078.html
この日のスライド資料も上記サイトにすべて公開されています。

夕方から二日間のハッカソン

ハッカソンのお題はご当地アプリということ岐阜を盛り上げるアプリということでした。

ボクが選んだ企画は、信長をカスタマイズするという企画です。
メンバーはボク以外に2人で3人のチームでした。

しかしこのチームがやばかったです。

何しろiPhoneアプリでツールを作ったことがある人間がゼロ。
iPhoneプラグラミング経験がかろうじてあるレベルが2人・・・絶望的状況でした。

しかし実は検索すると意外に進捗した感じになりました。

[tweet]

[tweet]

[tweet]

[tweet]

[tweet]

[tweet]

[tweet]

カメラの開発などは未経験だったのでやばいとおもわれましたが、初日の夜に基礎実装はほぼ終わっていました。

カメラにエフェクトをいれる辺りでかなり手こずってピンチでした。
プレゼンの準備など全くしていませんし画像など入っていません。

つまりプレゼンづくりなどの準備をする暇がありませんでした。

facebookから発表するボクの写真。

この段階ではすでにエフェクトがかかった写真が上がっています。

[tweet]

[tweet]

[tweet]

[tweet]

なんとかしどろもどろで発表がおわりました。

岐阜スマートフォンウィークアプリハッカソン発表

[tweet]

ハッカソンに参加してよかったこと

ハッカソンに参加して良かったことは2点あります。

  • カメラアプリにチャレンジしたこと
  • 1日でプロト完成までいけたこと

おそらくボク個人単体では、カメラアプリを作ろうと考えることがそもそもなかったとおもいます。
しかし、ハッカソンに参加することでカメラアプリを作る経験が得られたのは大きな収穫でした。

そして1日でプロト完成までいけたことが自信につながりました。そもそも完成までいけないんじゃないかと思っていましたから。

チームに参加したメンバーを見たときは開発がもっともできないのはボクじゃないかとおもっていまたしたが、実際にはボクがメインで開発をやることになりおもしろい体験ができました。

次に何かのハッカソンがあったらまた参加してみたいです。

また、岐阜信長カメラのアプリに関してはリリースしてみたいとおもいます。

おしまい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です