特定のディレクトリでrvmを使って指定したバージョンのrubyを使う


Railsの作業ディレクトリに行くたびに、毎回rvm useするのがめんどうでした(☝ ՞ਊ ՞)☝

.rvmrcでrubyのバージョンを指定

rubyを使うディレクトリに.rvmrcを用意すればいいみたいです(☝ ՞ਊ ՞)☝

vim .rvmrc
rvm use 1.9.3-p429

ruby-1.9.3を使っているので上記の様に書いておきます。

ディレクトリを移動した時に自動的にrubyが選択されます(☝ ՞ਊ ՞)☝

cd ~/Documents/workspace/project/
You are using ‘.rvmrc’, it requires trusting, it is slower and it is not compatible with other ruby managers,
you can switch to ‘.ruby-version’ using ‘rvm rvmrc to [.]ruby-version’
or ignore this warnings with ‘rvm rvmrc warning ignore /Users/kawasakiosamu/Documents/workspace/project/.rvmrc’,
‘.rvmrc’ will continue to be the default project file in RVM 1 and RVM 2,
to ignore the warning for all files run ‘rvm rvmrc warning ignore all.rvmrcs’.

Using /Users/kawasakiosamu/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p429

このプロジェクトで使っているruby-1.9.3に変更されました(☝ ՞ਊ ՞)☝


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です