特定のディレクトリでrbenvを使って指定したバージョンのrubyを使う


rbenvを使っていて特定のディレクトリに入った時に指定のrubyのバージョンを選択してほしいときのやりかたです。

.ruby-versionでrubyのバージョンを指定

rubyを使うディレクトリに.ruby-versionというファイルを用意するみたいです。

rbenv local 1.9.3-p429

とすると.ruby-versionファイルが出来上がります。
この例ではrubyの1.9.3を使うように指定しています。

rvmを使う場合は以下
特定のディレクトリでrvmを使って指定したバージョンのrubyを使う


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です