コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE8 黒 の 騎士団 感想


AmazonPrimeVideoより視聴しました。コードギアス 反逆のルルーシュ8話の感想です。

流れ

前回コーネリアとの力の差味わった主人公ルルーシュは組織づくりに動きだします。組織の名は「黒の騎士団」この話のタイトルになっていますね。

日本解放戦線が河口湖畔のホテルに人質をとって立てこもります。コーネリアも手を拱くなかルルーシュは人質を救うと言い日本解放戦線が立てこもるホテルに向かいます。

感想

レジスタンスではなく正義の味方だと発言するルルーシュさんここは少年アニメらしさがでていますね。

日本解放戦線と同盟でもするのかと思ったらルルーシュはギアスで日本解放戦線のメンバーを皆殺しにしていました。

人質を開放して最後には黒の騎士団の宣伝をうまくやってのけたルルーシュさん、次回移行盛り上がりそうな気配で終わらせています。

前回上手く行かなかった点を1話で修正してくるあたりのスピード感が素晴らしく感じました。


“コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE8 黒 の 騎士団 感想” への4件の返信

  1. 超偶然!
    こちらもコードギアスを見漁っていました!いまステージ10見終わったところ( ͡° ͜ʖ ͡°)

    金儲け順調ですか?

    1. お久しぶりです(☝ ՞ਊ ՞)
      偶然ですね~コードギアス面白いです!

      起業はしたもののお金になることはしていなく収入は無いのです\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です