W3 Total Cacheをマルチサイトのネットワークから更新しようとするとエラーがでる

wordpressに W3 Total Cacheをいれてネットワーク更新しようとしたら画面に以下のエラーがでました。

W3 Total Cache Error: plugin cannot be activated network-wide.

このサイトはマルチサイトで構成されているので、つまりW3 Total Cacheはネットワークから更新ができないみたいです。
ですから、個別のブログダッシュボードに行って、プラグイン > W3 Total Cache を有効にするといいみたいです。

このブログめちゃくちゃ重いんですけどW3 Total Cache入れたら少し軽くなりました。

使ったのは以下

楽かも(☝ ՞ਊ ՞)☝ / “【これは便利】あなたのWebサイト表示のどこが遅いかを一発で調べるブックマークレット | Web担当者Forum” http://t.co/pJczesJq

@pugiemonn

ぷぎえもん ツイ減中(☝ ՞ਊ ՞)☝

facebookのLike Box貼り付けで下部分が切れる問題

facebook like box
facebookのLike Boxを配置しようとしたらheightの問題か下の部分が消えてしまう問題で意外に苦戦しました。

Like Boxのコードの取得は
管理画面から >> Get Code >> IFRAME

実際にブログなどに設置すると下が切れてしまいます。

参りました

解決方法

Like Boxにユーザーのサムネイルが表示されるのですが、サムネイルの個数を制御するのがいいみたいです。
Like Boxの貼付けコードからshow_faces=true&connections=20&のように具体的な個数で指定します。

すると表示されるサムネイル数が限定されて解決出来ました。

Google Sitemap XMLでエラーがでる

Google Sitemap XMLでなんかエラーが出ました

This version of Google XML Sitemaps is not multisite compatible.
Unfortunately this version of the Google XML Sitemaps plugin was not tested with the multisite feature of WordPress 3.0 yet.
The plugin will not be active until you disable the multisite mode.
Or you can try the new beta which supports all the new WordPress features!

検索してみると

WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsを使うとき、マルチサイト互換性のエラーを解決する方法

プラグインを有効化したとき、このようなエラーコードが表示される場合は、
google-sitemap-generator/sitemap.php の52~58行目にある以下のコードをコメント合うとして下さい。

このようにする

//Check for 3.0 multisite, NOT supported yet!
//if((defined('WP_ALLOW_MULTISITE') && WP_ALLOW_MULTISITE) || (function_exists('is_multisite') && is_multisite())) {
//    if(function_exists('is_super_admin') && is_super_admin()) {
//        add_action('admin_notices',  array('GoogleSitemapGeneratorLoader', 'AddMultisiteWarning'));
//    }    
//    
//    return;
//}

http://nejimaki-act.com/wp73/wp-google-xml-sitemaps/

どうやらマルチサイトが原因らしい。

サイトの指示通りにコメントにしたらエラーが消えました。

簡単にできるwordpressのAPIキーを取得する、あるいは調べる方法。

wordpressのプラグインAkismetStatsなどを使用しようとするとApiキーが必要と言われます。

しかしこのApiキーの取得が意外にわかりにくいとおもいます。

Apiキー取得の2ステップ

取得には2ステップあります。

1.wordpress.comにユーザー登録する
2.urlにアクセスしてApiキーを確認

確認するだけなら2番だけでOKです。

wordpress.comにユーザー登録する

まずはhttp://wordpress.comにアクセスして会員登録をします。

でapi-keyがメールで届くと以下のページに書いてありました。

api-key

アカウントが有効化された旨と API キーが記載されたメールが WordPress.com から届きます。
http://wpdocs.sourceforge.jp/api-key

しかしそんなメールはこないです。メール来たものには書かれていませんでした。このせいではまりました。

urlにアクセスしてApiキーを確認

wordpress.comに会員登録して以下のURLにアクセスすればApiキーをすぐに確認できます。
https://apikey.wordpress.com/

そう上記URLを知っているだけでAkismetもすぐApiキーを登録できます。
このURLを忘れてしまっていたがためにだいぶ時間を食わされました。
くやしー(☝ ՞ਊ ՞)☝

さくらレンタルサーバーでwordpressをインストールした

さくらレンタルサーバーのビジネスプランでwordpressをインストールしました。
簡単だとおもったのですが意外にはまりどころがあったのでメモ

お名前.comを使ってサブドメインのみをさくらのレンタルサーバーに飛ばすという今時あまり見ない?やりかたです。

サブドメインの設定

サブドメインの設定方法については以下がわかりやすいです。

さくらインターネット+お名前.comでサブドメインの設定方法
http://golog.plus.vc/web/406/

さくらの管理画面はわかりやすいので参考サイトなどを見なくてもなんとなくわかりますね。
ここは忘れていたポイントなのですが、お名前.comにさくらレンタルサーバーのどのIPを設定すればいいのかわかりませんでした。

さくらのコントロールパネルから
サーバ情報とパスワードのメニューにサーバ情報の表示という項目があります。
そこから
サーバ情報の表示 > サーバに関する情報
と入るとIPアドレスが書いてあるのでそれをお名前に設定してあげればOKです。

ちゃんとIPが飛んでいるかを調べるにはターミナルかコマンドプロンプトでpingコマンドをたたきます。

ping 登録したサブドメイン

これでお名前.comに登録したさくらレンタルサーバーのIPが表示されればドメインの設定はOKです。

wordpressのインストール

さくらはクイックインストールというのがあるのでそこからwordpressをインストールします。ただし先にMysqlでデータベースをつくっておかないとインストールできません。

早速クイックインストール

インストールしたのですがどうもうまく表示されません。今回はまず/wordpress/にインストールしました

Forbidden
You don’t have permission to access /wordpress/wp-admin/ on this server.
Apache/xxxxxx Server at calzadojusticia.com Port 80

上記みたいなエラーがたくさん出ます。

例えば

/wordpress/wp-admin

にアクセスしてもインストールが始まりません。なんかおかしいです。

これはだいたいサーバーのパーミッションの設定なのですが、パーミッションを確認してもとくに問題がないようです。
index.phpが置いてあるページにもかかわらず上記のようなエラーがでてアクセスができなかったりします。

参りました

しかし以下のような記事を見つけました。

要するにindex.phpだと表示できないということのようです。

さくらサーバーでWordPress Forbiddenで悪戦苦闘
http://blogdekasegu.com/1246.html

なん・・だと?

さくらレンタルサーバーはwordpressをクイックインストールできるのにもかかわらずindex.phpは表示されないようになっていて、そしてそれがファイルマネージャの旧画面から変更できるようになっているようです。

ありえないわーこれ

ファイルマネージャの旧画面からindex.phpを有効にしたらwordpressが問題なく動くようになりました(☝ ՞ਊ ՞)☝

WP Social Bookmarking Lightのスタイルを変更する

WP Social Bookmarking Lightにお世話になってる当ブログです。

スタイルを変更したいなとおもってどうしたら良いのかとおもったものの、WP Social Bookmarking Lightは管理画面から編集できました。知らなかった(☝ ՞ਊ ՞)☝

プラグインのソースを弄る必要はありませんでした。

設定 >> WP Social Bookmarking Light からWP Social Bookmarking Lightの管理画面に入ります。

WP Social Bookmarking Light管理画面

スタイルを選択するとハイパーリンクでスタイル編集のテキストエリアが表示できます。
Custom CSS 画面
上記フォーム内でスタイルを編集すると、プラグインの中にあるcontent.phpからhtmlのheadにstyleタグが書き込まれるみたいです。

CSSにやたら!importantとあるのですが、!importantとつけていると他のCSSと競合したときに優先してくれます。

CSSを確認してブログのCSSと競合していたら!importantでWP Social Bookmarking LightのCSSの優先度を高くしてあげると扱いやすいかもしれませんね。

wordpressのメディアを追加時に「アップロード上限超過 」と表示されてメディアのアップロードができなる現象

wordpressをアップデートしたらメディアが追加できなくなってしまいました。

具体的には画像などのメディアを追加しようとしたら「アップロード上限超過 10MB のファイル保存領域の上限を超えています。」と表示されてしまいます。
アップロード上限超過

解決方法は以下のページにありました。

WordPress便利帳 > 設定
http://fan.plus-idea.net/wordpress/category/setting/

これはマルチサイトにしているとこの現象が生じるらしいです。

サイトネットワーク管理画面の設定から上限解除をするといいみたいです。
アップロードファイルの上限を解除
上記画像にあるファイル上限のチェックを外すと画像がアップロードできるようになりました。

よかったよかった

当ブログの週間記事ランキングと累計ランキングを表示するようにしました

当ブログでランキング表示をするプラグインを導入しました。

週間ランキング

週間ランキングはWordPress Popular Postsというプラグイン
http://wordpress.org/extend/plugins/wordpress-popular-posts/

日本語化ファイルは以下
http://dorn-project.net/archives/466

累計ランキング

累計ランキングはWP-PostViewsを導入しました。
http://wordpress.org/extend/plugins/wp-postviews/

WordPress Popular Postsを使えば両方いける気もしましたが2ついれて様子をみてみることにします。

それぞれ参考にした記事

[WordPress]月間、週間、累計の設定が出来る人気記事を表示させるプラグイン「WordPressPopularPosts」がメチャクチャ使いやすかった。
http://kouseipapa.net/archives/8059

人気記事ランキングを作るプラグイン「WP-PostViews」*設置とカスタマイズ
http://cosmeblog-com.jp/wordpress-2/wp-postviews.html

さくらレンタルサーバーで白い500 Internal Server Error エラー画面が出たときの対応

さくらレンタルサーバーphp.iniを設定

wordpressで白い画面が出て困ってしまいました。あとはエラー500 Internal Server Errorがでました。

HTTP エラー 500(Internal Server Error): サーバーによるリクエストの実行中に、予期しない状況が発生しました。

こういう時はwordpress内のphpで何らかのエラーが発生している可能性があります。そこで、まず原因調査のためにエラーログをみるという手段がよいです。

しかし、

さくらレンタルサーバーのエラーログというのはどうやって見ればいいのかわかりません。

と思って検索したら載っていました

php.iniに以下のように記述します。

display_errors="0"
error_reporting="2047"
log_errors="1"
error_log="/home/アカウント名/log/phperror.log"

さくらのサーバでWordPressが真っ白になってしまった場合の対処法
http://blog.creamu.com/mt/2010/05/wordpress_12.html

上記サイトを参考にやってみました。

php.iniの編集

さくらレンタルサーバーのコントロールパネルにログインしてPHP設定の編集を選択します。
さくらレンタルサーバーコントロールパネルからPHP設定の編集

するとどうやらフォームからphp.iniを設定できるみたいです。
さくらレンタルサーバーphp.iniを設定

display_errors=”0″
error_reporting=”2047″
log_errors=”1″
error_log=”/home/xxxxxxx/log/phperror.log”
output_buffering = On

(おまけ:display_errors=”1″とかにするとたぶんwordpressエラーのページにそのままエラーメッセージを吐いてくれる気がします)

logディレクトリの作成

ボクのサーバーにはまだlogというフォルダがないので作りました。おそらく参考サイトの設定だとlogディレクトリを作らないとエラーが書き込まれないはずです。

ディレクトリを作ったら、白いエラー画面がでるページをブラウザから表示しました。すると/home/アカウント名/log/phperror.logというファイルにエラーメッセージが書き込まれています。

ここはあくまで予想なのですが/home/アカウント名/logというlogディレクトリの配置をまもってlogディレクトリの指定をしたほうがいいとおもいます。

ちなみに、さくらレンタルサーバーは管理画面からではなくFTPクライアント経由でlogディレクトリを作成しました。なぜかわかりませんが、管理画面のファイルマネージャからはlogディレクトリの上位ディレクトリまで参照ができなかった気がします。

再びブラウザからアクセス

エラー書き込みの設定をしましたので、
500 Internal Server Errorがでたページに再びアクセスします。

500 Internal Server Errorが表示されれば、おそらく先ほど設定した/home/アカウント名/log/phperror.logにphpのエラーログが書き込まれているはずです。

エラーログを検索してエラーを解消すれば問題を解決できます。

解決

エラーメッセージから対策を考えた結果なんとかなりました。今回のエラーはphp.iniにout_buffering = Onと書くことによって消すことができるエラーだったみたいです。

よかったよかった。

もしこの手法で500 Internal Server Errorを解消できないとしたら? > それは500エラーがphpと関係ないところで発生しています。さくらレンタルサーバーのサポートに問い合わせてみるといいとおもいます。

wordpressのタグクラウドウィジェットに表示されるタグ数上限を増やす

wordpressのウィジェットにタグクラウドというのがあります。

ここの表示数を増やしたいと思い検索してみました。

タグクラウド数の上限はあるのですか?
http://ja.forums.wordpress.org/topic/4946

ここによるとwordpressのタグクラウドの表示数は45になっており、変更したい場合は$defaultsという変数を編集すればいいみたいです。

wp-includes/category-template.phpというファイルの中にタグクラウドの関数があるみたいなのでこのファイルを編集します。function wp_tag_cloud()という関数の中にある$defaultsの設定を書き換えます
$defaults = array(
'number' => 45,
);

ここの’number’ => 45,を100などに変更すればタグクラウドの表示数を変更できます。

ただしタグクラウドのタグ表示数をあまりに多くすると、検索エンジンからの評価は落ちたりするかもしれませんね。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書
本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 プライム・ストラテジー株式会社

ソフトバンククリエイティブ 2012-03-30
売り上げランキング : 1311

Amazonで詳しく見る by G-Tools