ネト充なら休日はなにをして過ごす?

ひさびさの休日
ひさびさの休日

年中が休日のボクは最近予定を入れまくってしまい、毎日が忙しくて困っていました。たまには休日をということにしまして、ネト充として一日ネットを満喫することにしました。

たまっていた雑務を片付けたり、アクセス解析を見たり、スクレイピングしたり、やりたいことがいっぱいあります。

本当は「ネト充なら休日はなにをして過ごす?」というタイトルの後ろに、本当にやりたいことをサブタイトルとして付けるつもりでした。結局タイトルには入れなかったのですが、3つおもいつきました。

  • ブログを書くにきまってるだろks
  • ボクとツイッターでダンスしようぜ
  • HTMLを書きます

ということで順番に見てみます。

ブログを書くにきまってるだろks

こんなノリでブログを書いています。

ブログといえば元々書いていたぷぎえもん日記のアクセス解析をみてみました。

ぷぎえもん日記のアクセス解析
ぷぎえもん日記のアクセス解析

以前のぷぎえもん日記は一日300PVいけばやっとだったのに最近は一日400PVに届くこともあり、なぜかアクセスが増えていました。まったく更新していないのにどうしてこうなったという感じです。

このような解析結果を見たので、この人生休暇中もいずれアクセスが増えてくれるように更新をほそぼそと続けていこうとおもいます。

ボクとツイッターでダンスしようぜ

以前上記のようなつぶやきをしたボクですが、最近Twitterが楽しくてしかたないです。

今月になってからTwitterのフォロワーがすごく増えてくれてなんかワクワクしますね。せっかくなのでフォロワーの推移グラフをキャプチャしてみました。

ぷぎえもんのフォロワー推移
ぷぎえもんのフォロワー推移

フォロワーがどんどん増えるとTwitterの楽しさやモチベーションは倍増していきます。

ボクが感じている各大手SNSの楽しさを不等号で表すなら
Twitter >= Google+ >>>>>>> facebook >= mixi

こんな感じでしょうか。

TwitterやGoogle+はとにかく友達をたくさん増やせるのが楽しいです。知らない人と話すといままで知らなかったような感動があります。Twitter経由のニコ生なんかを見てみると本当にいろいろな出会いがあって新鮮です。

facebookやmixiは上記のふたつに比べてもっと知り合いの密度が違うサービスだとおもいます。前者のサービスよりも安心感みたいなものはあるかもしれないですねー。

ただボクは情報の更新スピードが速いサービスにハマっているので、いまはだんぜんTwitter推しです。リムーブする瞬間がなんとも楽しい気分になります。

HTMLを書きます

HTMLを書きたいなあとおもってニートシステムのページにプロフィールのようなページを更新しました。

そして、スキルシートみたいなページを一度つくってみたかったのでつくってみました。

スキルシート
スキルシート

これは・・・

スペック低すぎ
スペック低すぎ

まじめにつくったらこうなっちゃった☆(ゝω・)vキャピ

休日だったらみんなはどう過ごすかな

そんなわけでネト充なボクの休日の過ごし方を書いてみました。

みんなはどう過ごしてるのかな?
コメントがあればコメント欄かtwitterもしくはsbmなどでよろしくです。

ダメ人間の世界史―引きこもり・ニート・オタク・マニア・ロリコン・シスコン・ストーカー・フェチ・ヘタレ・電波 (ダメ人間の歴史)
ダメ人間の世界史―引きこもり・ニート・オタク・マニア・ロリコン・シスコン・ストーカー・フェチ・ヘタレ・電波 (ダメ人間の歴史) 山田 昌弘 麓 直浩

社会評論社 2010-03
売り上げランキング : 81700

Amazonで詳しく見る by G-Tools

大炎上時代、発言はどこまで共有されるか

2011年はネットの炎上年でした。

(注)イメージ画像です

特にtwitter経由での炎上が多かった気がします。

2011ネットの風景:“炎上”するTwitter – ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1112/19/news087.html
来店したビビる大木さんについて「芸能人振りやがってマジ腹立たしい」と店員がツイート。ビビる大木さんは「ただただ悲しい」──Twitter上での“炎上”が多発した1年だった。

こんな記事があるくらいです。夏あたりから炎上の話題がなかった月はないとおもいます。

ソーシャルメディアの普及が炎上を加速する

炎上が多発した理由のひとつに、twitterやfacebookなどに代表されるソーシャルメディアの普及があげられます。

昨年の地震以降、ライトユーザーがソーシャルメディアに大量に流れ、ソース元を確認せずに情報がリツイートするユーザーへの指摘が多くなされるようになりました。震災初期では情報が錯綜する中で、マスメディアが扱えない規模の小さな情報の共有をソーシャルメディアが担っていたため、緊急的な情報ならばすばやく情報を共有した方がいいという心理が、有用な情報を多く拡散しただけでなく、デマや炎上の拡散にも繋がりました。

ソーシャルメディアが悪いのか

炎上やデマが多発したため、ソーシャルメディアはよろしくないという意見がネット上で多くみられるようになりました。

たしかに、人がソーシャルメディアのように情報配信サイクルのスピードが速いものを扱うと、神や仏のように年中まったく書き込みでミスをしないでいることはほぼ不可能であるのは事実だと思います

しかし、この論調にはギモンがあります。

ソーシャルメディアはやはりツールですから使い方次第なのだとおもいます。包丁や自動車が人を殺す可能性があるからと言って良くないものだと言う人はいないです。ツールはそれぞれのリスクを管理しながら扱うことによって利益がもたらされるものだからです。

いままで共有されなかった情報が共有される流れ

一般に多くの炎上は未成年者の犯罪報告や、不貞報告など個人の晒し上げのようなことが多いです。それらの炎上の原因は、秘め事だと思って公開した情報が、本人の意図せずして共有されてしまうことによります。

そして、以前は共有されることのなかったプライベートの情報が共有されることによる炎上が増加している流れを感じています。炎上の矛先は暴露情報に向いています。

暴露がなぜ問題になるのか

暴露情報は何故炎上するのでしょうか。

それは、建前の崩壊にあります。

安全と言われていたが事故を起した原発、恋人がいないと宣言していが実は同棲していたアイドル、海外向けには法律を結ぶと宣言して国内には決定していないと説明する政治家などなど、例をあげればいくらでもあります。

真実がばらされることにより、建前が崩壊して矛盾が露呈してしまうことに炎上の火種があります。

建前やわるだくみは避けた方がいい

建前でいいカッコウをするのや、わるだくみはなるべく避けた方いいです。ウェブで共有されて矛盾をつかれると困るからです。二枚舌はバレる時代になったと言えます。

身近で最近あった出来事です。

友人のMさんは彼女がいるにもかかわらず、別の女性ともつきあいたいと発言していました。彼女とは別れたくないというか結婚したい、けれども結婚すると遊べないから遊びたい…

不倫を仄めかす発言ではないでしょうか。これは危険な発言だとおもいます。

もしこの発言を誰かがtwitterに流してしまったらどうなるのか、メールで教えてしまったらどうなるのか、電話で教えてしまったら、結果はどうなるでしょうか。

彼は恋人と結婚するという建前の裏でわるだくみをしている可能性があるのです。誤解をまねく発言はやめたほういいとおもいます。

あらゆるものは共有される可能性がある

あらゆるものは共有される可能性があるとおもいます。mixiの友達しかみていない日記だから大丈夫、個人に送ったメールだから大丈夫、リアルで会っている飲み会だから大丈夫、果たしてそうでしょうか。

ネットの情報は簡単にコピーできます。メールは送信ボタン一つで転送できます。携帯があればその場で中継できます。
むしろ共有できない状況のほうがむずかしい時代になってきているといえます。

どうやって生きるか

大炎上時代、ウェブに影響を受けないと思われていたリアルの世界ですら、ウェブに共有されるようになっています。

なるべく建前で格好をつけたりわるだくみは避け、本音で語り、共有されても構わない言動を心がけて生きるしかないとおもいます。

それでも炎上したときは諦めるしか無いんじゃないですかね。

でわでわ

ソーシャルメディア炎上事件簿
ソーシャルメディア炎上事件簿 小林 直樹 日経デジタルマーケティング

日経BP社 2011-08-25
売り上げランキング : 65458

Amazonで詳しく見る by G-Tools

11月から作ってきたサイトのベータテストをしたい、そろそろ

11月からウェブサイトを作ってきました。

この二ヶ月ほとんどこればかりやっていた様な気がします。
実はさいしょのリリース目標は去年の12月末まででしたが、完成度がいまいちで見送りました。

今月半ばにはβテストに入りたいとおもっています。

開発中のキャプチャです。
開発中キャプチャ
リリース予定地:http://niconnect.chocospot.com/

リリースするまじかになると色々かったるくなって来た

そろそろリリースをしてもいいんじゃないかとおもう完成度に近づいてきている気がします。

すると毎日作るのがかったるくて仕方なくなってきました。

ボクはわりと細部を決めずに大枠を決めて作ってみて、いまいちだったら作り直すというやり方でやってきました。

完成度が上がるにしたがって、さいしょの頃よりもサイトが複雑になってきました。ちょっと修正するだけで、全体のバランスが成り立たなくなったりしてきます。トライ&エラーが億劫になってきます。特にHTMLを書くのが一番時間がかかって大変でだるいです。

気分転換にこのブログを書いています。

自分のブックマークを漁ってみた

ウェブでサービス作るにあたって書いているブログを自分のブックマークから探してみました。

とこんな記事をブックマークしていました。

「なぜWebサービスを作るのか」が明確でないと、サービスを立ち上げる前に自分のモチベーションが落ちて、企画倒れで終わるパターンが多いと思います。世の中に出せなかったアイディアはその時点で100%失敗なので、この壁を超えることは”超重要”です。
http://d.hatena.ne.jp/hajimeataka/20110214/1297645090

なぜWebサービスを作るのかを思い出してみるというのと、リリースできなければダメと書いてあります。

ということで、

とりあえずβリリースまではやってみようと思います。100%失敗はさみしいもんな

P.S.
そういえばサービスのテスターを募集したいので興味がある方はよろしくおねがいします。

【本の感想】いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

献本いただいたので感想を書いてみます。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~ いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~
谷藤賢一 河原健人

リックテレコム 2011-12-09
売り上げランキング : 71799

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容紹介

プログラミング言語PHPのいちばんやさしい入門書。初心者がつまずいたり迷ったりするポイントをとことん解消。面倒なパソコン設定もデータベース構築も楽々クリア。実際の研修講座で実証済みの方法論とカリュキュラムにより、無理なく楽しくPHPのエッセンスを習得できる。

出版社からのコメント

「一見易しそうに見えるのに、実際やってみると歯が立たない」という入門書が多いのがプログラミングの世界です。「Excelのマクロ程度しか知らない初心者に…」なんて入門書もあるようですが、本書は全然違います。「パソコンは一応使えるけど…」という人が対象です。難しい技術を、単に易しい言葉で説明した本ではありません。過去1000人近い受講者の中で挫折者ゼロという革新的方法論に基づく、これが本当の入門書です。

いままであった入門書より前に読みたい入門書

PHPの入門と書いてある本はこの世に多く出版されています。

ボクは入門書を何冊も持っていて読んだことがありますが、多くはむずかしいことが書いてある本ばかりだと思います。プログラミングは奥が深いため、丁寧に説明しようとするとつい説明が多くなってしまうのではないでしょうか。

この本ではXAMPPをつかったサーバーのインストールから、HTMLの書き方、データーベースMySQLへの接続まで、必要最低限のことしか書かれていません。余計なことが書いてなく、入門書としてはいままでにあまりなかったタイプと感じました。

いままでにあった入門書というのは、入門と書いてあっても中身はプログラムがわかっている人向けの内容だった気がします。

そして、この本はまったくのプログラミング初心者がPHP入門書より前に読む入門本と言えるのではないかとおもいます。

初心者がつまづきそうなポイントが書いてある

プログラミングを覚えるには、プログラミング独特の考え方やルールを学ぶことになります。それは、毎回原因がわからないできごとへの出会いの連続になる気がします。それって初心者にはとてもたいへんなことだとおもっています。

この本Chapeter1は「なるほど!心の準備編」とあり、心の準備に一章さかれています。どういう心構えで学んでいけばいいかという助けになるのではないかとおもいました。

また、コラムがいくつもあり、例えば、スペルが全角になっていると間違いですよとか、スペルミスがあると動きませんとか、よく発生しそうなエラーの具体例がたくさん書かれています。

とてもていねいな本

とてもていねいな本だとおもいました。PHPの解説についてではなくて、これからPHPを書いてみようというまったく初心者の読者に対してていねいだとおもったのです。PHP入門のきっかけとする本には良いのではないかとおもいました。

蛇足かもしれませんが、もっと本格的にPHPを勉強するなら以下のURLで紹介されている書籍などが参考になるとおもいます。

WebデザイナーやノンプログラマーにおすすめしたいPHPの勉強法
http://www.designmap.info/tobewebdesigner/diary/webphp/

でわでわ

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~ いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~
谷藤賢一 河原健人

リックテレコム 2011-12-09
売り上げランキング : 71799

Amazonで詳しく見る by G-Tools