rails s をポート80番で開く

ローカルでrailsを80番ポートで開きたいとおもいました(☝ ՞ਊ ՞)☝

ポートを指定してrails server

portを指定してrailsを起動するには-pをつけます

rails server -p 80
=> Booting Thin
=> Rails 3.2.12 application starting in development on http://0.0.0.0:80
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server
>> Thin web server (v1.5.0 codename Knife)
>> Maximum connections set to 1024
>> Listening on 0.0.0.0:80, CTRL+C to stop
Exiting
/Users/kawasakiosamu/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p429/gems/eventmachine-1.0.3/lib/eventmachine.rb:526:in `start_tcp_server’: no acceptor (port is in use or requires root privileges) (RuntimeError)

エラーがでました(☝ ՞ਊ ՞)☝

rootじゃないとダメとか

sudo rails server -p 80
Password:
=> Booting Thin
=> Rails 3.2.12 application starting in development on http://0.0.0.0:80
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server

sudoつけたら起動出来ました(☝ ՞ਊ ՞)☝

よかったよかった(☝ ՞ਊ ՞)☝

特定のディレクトリでrvmを使って指定したバージョンのrubyを使う

Railsの作業ディレクトリに行くたびに、毎回rvm useするのがめんどうでした(☝ ՞ਊ ՞)☝

.rvmrcでrubyのバージョンを指定

rubyを使うディレクトリに.rvmrcを用意すればいいみたいです(☝ ՞ਊ ՞)☝

vim .rvmrc
rvm use 1.9.3-p429

ruby-1.9.3を使っているので上記の様に書いておきます。

ディレクトリを移動した時に自動的にrubyが選択されます(☝ ՞ਊ ՞)☝

cd ~/Documents/workspace/project/
You are using ‘.rvmrc’, it requires trusting, it is slower and it is not compatible with other ruby managers,
you can switch to ‘.ruby-version’ using ‘rvm rvmrc to [.]ruby-version’
or ignore this warnings with ‘rvm rvmrc warning ignore /Users/kawasakiosamu/Documents/workspace/project/.rvmrc’,
‘.rvmrc’ will continue to be the default project file in RVM 1 and RVM 2,
to ignore the warning for all files run ‘rvm rvmrc warning ignore all.rvmrcs’.

Using /Users/kawasakiosamu/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p429

このプロジェクトで使っているruby-1.9.3に変更されました(☝ ՞ਊ ՞)☝

ellipsisを指定し、CSSだけで…のように省略形式で文字数制限表示を行う

HTML内のボックスに文字数制限はCSSで実装できるらしいです(☝ ՞ਊ ՞)☝

今まで知らなかった(☝ ՞ਊ ՞)☝
{
width: 171px;
white-space: nowrap;
overflow: hidden;
text-overflow: ellipsis;
-webkit-text-overflow: ellipsis;
-o-text-overflow: ellipsis; /* Opera9,10対応 */
}

実際にやってみたら動きました(☝ ՞ਊ ՞)☝
jQueryMobileなんかの文字数省略のCSSに使われているらしいいです(☝ ՞ਊ ՞)☝
スクリプト書かなくてもいいのはすごく便利ですね−(☝ ՞ਊ ՞)☝

参考サイト
http://qiita.com/ichikawa_0829/items/e0c364e74b5e22a7bc0d

ログみていたらPHPのnumber_format()でエラーがでていた

エラーがでていました(☝ ՞ਊ ՞)☝

Warning: Warning (2): number_format() expects parameter 1 to be double, array given in [/var/www/html/app/View/Helper/ChartHelper.php, line 191]

ぐぐってみると
http://www.konnect-kollect.info/php-number_format-xml-error.html

number_format()の第一引数を数値型でキャストするらしいです(☝ ՞ਊ ՞)☝

number_format((int)$hoge)

たいにするとか

これで多分エラーでなくなるはず(☝ ՞ਊ ՞)☝

railsでscript/delayed_job startしたらエラーがでた

railsってエラー出ますよねよく(☝ ՞ਊ ՞)☝

script/delayed_job start
/Users/kawasakiosamu/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p429/gems/railties-3.2.12/lib/rails/application/configuration.rb:115:in `read’: No such file or directory – /Library/WebServer/Documents/pugiemonn/config/database.yml (Errno::ENOENT)

ググったら以下のサイトにヒントが
https://groups.google.com/forum/#!msg/enkiblog/6IedU5GNe8A/soW7p_dk64MJ

どうやらconfigのしたにdatabase.ymlが無いみたい

cp config/database.example.yml config/database.yml

コピーしてみた

もっかいためした

script/delayed_job start

実行できました(☝ ՞ਊ ՞)☝

git commit時にエラーがでた

commitしようとしたらエラーがでました(☝ ՞ਊ ՞)☝

すると…

git commit -m “メールの文面修正”
error: insufficient permission for adding an object to repository database .git/objects

error: Error building trees

なにこれ

めんどくさいから .git/objects 以下の権限を書き換えてしまおう。

$ sudo chmod -R 0777 .git/objects/

参考:Git: 複数アカウントで同リポジトリーで作業していると “error: insufficient permission for adding an object to repository database .git/objects” が発生する
http://tetsuwo.tumblr.com/post/38922104151/git-error-insufficient

なるほどーということで

chmod -R 0777 .git/objects/

を実行してみたらcommit通りました(☝ ՞ਊ ՞)☝