NSDictionary 辞書


NSDictionaryは辞書オブジェクトで、キーバリューのペアでデータ構造を持ちたい場合はこれを使います。
NSDictionaryは不変のオブジェクトで値を後から変更できません。値を変更したい場合は可変のオブジェクトNSMutableDictionaryを使います。

生成

dictionaryWithObjectsAndKeysを使って生成します。
// 辞書オブジェクトの生成
NSDictionary *fieldParameterDic = [NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
@"piyo", @"flag",
@"0", @"id",
@"100", @"time", nil];
// 辞書の中身
$0 = 0x07527ad0 {
flag = piyo;
id = 0;
time = 100;
}

ポイントは値、キーの順番だということです。なんか全部stringでおかしいですね。

辞書の要素を取得

objectForKeyを使ってNSDictionaryの要素を取得します。
NSDictionary *fieldParameterDic = [NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
@"piyo", @"flag",
@"0", @"id",
@"100", @"time", nil];
// キーを指定して要素を取得
NSString * piyo = [fieldParameterDic objectForKey:@"flag"];
NSLog(@"%@", piyo);
NSLog(@"%@", [fieldParameterDic objectForKey:@"id"]);
NSLog(@"%@", [fieldParameterDic objectForKey:@"time"]);
// 出力結果
piyo
0
100

キーを指定するとオブジェクトが返ります。

参考:http://iphone-tora.sakura.ne.jp/nsdictionary.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です