performSelector 遅延実行


遅延処理は数秒後に実行するというやり方です。

[self performSelector:@selector(hoge:) withObject:nil afterDelay:1.0];

hogeメソッドを実行したい場合です。遅れて1秒後に実行したいのでafterDelayに1.0を指定します。
引数を渡したいときはwithObjectにオブジェクトを渡す。

複数の変数を渡したいときは、withObjectにオブジェクトなどが複数入った配列を渡してやるのが簡単です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です