UIView


UIViewはラベル、UILabelやボタン、UIButtonなどの親クラスらしいです。
つまりUIViewを継承しているオブジェクトならUIViewのメソッドを使えるはずです。

UIViewのプロパティ

プロパティ名 用例
frame 位置と大きさを指定します。
UIView * aView = [[UIView alloc] init];
aView.frame = CGRectMake(0, 0, 320, 60);

CGRect型でx座標、y座標、widthとheightを指定しています。
tag タグを指定します。
UIView * aView = [[UIView alloc] init];
aView.tag = 10;
center 中心の座標を指定します。
UIView * aView = [[UIView alloc] init];
aView.center = CGPointMake(50, 40);
backgroundColor 背景色の指定
UIView * aView = [[UIView alloc] init];
aView.backgroundColor = [UIColor blackColor];

UIColorをblackColorやredColorと指定すると色を指定できます。
hidden UIView * aView = [[UIView alloc] init];
// YESにすると表示されません。
aView.hidden = YES;

hiddenプロパティのdefaultはNOで表示されるようになっています。

生成と配置

UIView * subView = [[UIView alloc] init];
subView.frame = CGRectMake(0, 0, 300, 300);
subView.center = CGPointMake(160, 160);
subView.backgroundColor = [UIColor blueColor];
subView.tag = 1;
subView.alpha = 0.8;
[self.view addSubview:subView];

UIViewを配置するだけのコードです。

以下のサイトにラベルやボタンから継承されているという図があってわかりやすい。
参考:http://d.hatena.ne.jp/glass-_-onion/20120601/1338477967


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です