後からモデルにカラムを追加する


作成したモデルに後からカラムを追加したい場合の対応です(☝ ՞ਊ ՞)

rails generate migrationでmigrationファイルを生成する

rails g migrationを使いmigrationファイルを生成します。

rails generate migration AddStatusToEvents flag:boolean
invoke active_record
create db/migrate/20140318142015_add_status_to_events.rb

db/migrate/20140318142015_add_status_to_events.rbが生成されました。
コマンドの書式は

rails g migration クラス名 カラム名:型

のようになります。

生成されたファイルを覗いてみます。

class AddStatusToEvents < ActiveRecord::Migration def change add_column :events, :flag, :boolean end end

AddStatusToEventsというクラスが作られています。ここの名前はコマンドで指定したクラス名が入るみたいです。

あとはrake db:migrateするだけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です