モデルにバリデーションを与える


モデルにバリデーションを付与します。ドキュメントは検証が参考になります。

バリデーションの基本的な書き方

バリデーションはモデルに書きます。

class User < ActiveRecord::Base
# ここにバリデーションを書く
end

バリデーションはモデル内にそれぞれ指定します。書き方は色々あるので少しずつ覚えるといいです。

存在チェック

存在チェックあるいは入力チェックはvalidates_presence_ofを使用します。

validates_presence_of :name

nameが空で送信された場合チェックをすることができます。

ユニークチェック

入力値がユニークかをチェックします。validates_uniqueness_ofを使用します。

validates_uniqueness_of :name

nameがユニークかを確認できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です